ワクワクする未来がいっぱい詰まった手帳でごきげんな毎日を

逆算手帳・認定講師

持永慎一郎

持永慎一郎

活動拠点:都内(荒川区在住)

現役寿司職人

プロフィール

現在は東京駅の百貨店で寿司職人として勤務。
   
30歳の時に全てのしがらみを放り投げて
「星の巡礼(パウロ・コエーリョ著)」を片手に
スペインの「サンティアゴ巡礼」に出発する。
道中、様々なスピリチュアルな体験をしながら
1600Kmを2ヶ月で完歩する。
 
巡礼中に言われた
「日本人なら寿司を握れるだろう?」
と、いう言葉に奮起し帰国後、寿司職人の道へ進む。
 
右も左も判らない理不尽な職人の世界で
体重が47Kgまで落ちる。
 
震災を機に、隣のライバル店に引き抜かれる。
    
段取り8割と言われる寿司業界にて、自然と
「逆算思考」で仕事をするようになる。
職人達の次の動き、作業。
次は包丁を使うのか?どのネタを使うのか?
全てを一人でコントロール出来るようになる。
    
その結果、わずか5ヶ月で最年長の職人に
「お前に操られてるみたいだ。」
と、言われるようになる。

講師になった理由

今まで、手帳とは無縁の人生でした。
だからこそ「逆算手帳」は、僕にピッタリなんです。
明日、明後日の予定なんて重要視していないんですから。
今日の延長を書き込まないんです。
 
「好きな未来」「未知なる予定」から埋めていくのが逆算手帳、
   
ワクワクが大事と言うけれど、ワクワクしている職人なんて
存在するのか?都市伝説のような気がします。
今日のパチンコ代、帰りの酒代の為に働く人生。
 
昨日と同じ一日でもいい・・・。
明日も同じ一日でも良い・・・。
 
僕はそんな環境から抜け出したかったし、そんな未来は嫌だった。
そんな時、コボリ先生の「逆算手帳」に出会いました。
皆さんと同じように、ブログ「名言コツコツ」の読者でした。
   
すぐにワークショップに参加し、確信しました。
これなら手帳の管理が続きそうだし、なにより
「逆算手帳」を使えば
 
どんな状況でも、どんな人間でもワクワクすることが出来る。
   
と思いました。
僕はこれを
「職人の卵達」や「取り敢えず今しか生きていない人達」
に広めるつもりです。

逆算思考・逆算手帳で実現してきたこと

スペイン「サンティアゴ巡礼」
日々の仕事

一番実現したい野望

全ての銃を「逆算手帳」に。

開催している逆算手帳活用セミナーの種類

ライフビジョン

この講師のセミナー開催情報

この講師のセミナー・イベントレポート